2017年11月17日金曜日

甘くておいしい冬野菜♪

旬感!えひめチュレ 11/17(金)方法

今週末は、FM愛媛の西条リレーマラソンがあります!
当日は、とっても寒いと予報されていますよ~(*_*)参加されるみなさん、ぜひ、万全の寒さ対策をして、楽しく走りましょうね♪

さて、そんなさむーーーーい日に、食べたくなるあったか料理にも欠かせない葉物野菜たちを、エフ・マルシェ古川店の梅本さんに教えていただきました♪

キャベツ、白菜、ほうれん草です♪

まずは、キャベツ♪

山積み!

きれいなキャベツですね~!

キャベツには、寒玉と春玉があり、現在お店に並んでいるのは寒玉という種類です(^^♪
おいしいものを見分けるコツは、重みのあるもの、葉っぱが瑞々しく、切り口のきれいなものを選んでくださいね(^^)/
火を通すと甘みの増すキャベツ。ポトフや、ロールキャベツ、回鍋肉などがオススメです♪

次は、白菜です☆

まるごと、半分、4分の1♪

白菜には、カリウムがたくさん含まれています。
カリウムは、体の水分量を調整してくれるので、むくみの解消になったり、高血圧の予防・改善の効果があったりするそうです♪
これからの季節は、お鍋で大活躍する白菜。ずっしりと重みがあり、切り口のきれいなもの、葉っぱが広がっておらず、キュッとしまっているものがいいですよ☆
ただ、大きくて一度に消費できないときは、上手に保存しましょう(^^♪
まるごとのときは、新聞紙にくるんで冷暗所に、半分などにカットしたときはラップにくるんで保存してくださいね☆

芯の部分は、お漬物にするのもオススメです(*^^*)

最後はほうれん草です♪

色鮮やかですね♪

鉄分が多いほうれん草も、冬おいしくいただける葉物野菜のひとつですよね(^^♪
鮮やかなグリーンは、見た目にも食欲をそそりますし、冬の食卓を彩ってくれます(^^)
シチューにすると、栄養そのままいただけるのでいいですねぇ☆
ちょっと目を離すと、クターーーーっとしてしまいがちなほうれん草ですが(私だけ(笑)!?)、濡れた新聞紙にくるんでビニール袋に入れて、野菜室で立てて保存すると長持ちします♪
白菜もほうれん草も、なるべく立てて保存するのがいいんですって☆より、自然に近い形で保存するのがポイントです☆

さて、今日の梅ちゃんワンポイントは、丸ごと1個を購入したときのキャベツの保存方法です(^^)/


①芯の部分に十字に切り込みを入れる!(赤線)
②周りをいい感じでくり抜く!(青線)
③芯が取れたところに、濡れたキッチンペーパーを丸めて入れる!
    ↓↓↓
 長 持 ち !!!!

いよいよ寒さの本番が近づいてきました!
お野菜からもパワーを分けてもらって、元気に過ごしましょうね(^^)/


2017年11月10日金曜日

台風ニモマケズ!ブロッコリー♪

旬感!えひめチュレ 11/10(金)放送

みなさん、こんばんは♪
今週も、ブロッコリーのお話の続きです(^^♪
JAえひめ南 南宇和野菜部会 森口秀樹さんにお話を伺っています☆

風が強くて髪の毛が…(*_*;

今年の秋、特に10月は週末ごとに台風がやってきて、色々なところに影響が出ましたよね。
森口さんのブロッコリーも、全体の3割ほどは被害にあわれているそうです。

一度目の台風が過ぎ去り、苗の復活を促すため、水はけ対策をしたり、様子を見て消毒をしたり…あとは、ブロッコリーの生命力を信じて待っていると、倒れていた苗が少しずつまっすぐに戻ってきたとのこと。
そんな矢先に、二度目の台風の到来…。

それでもめげずに、森口さんたちも水はけ対策などをして、ブロッコリーの成長を見守っています。
農業は、自然の恵みを直に受けますが、被害も直に受けますよね。日々、そこに向き合い、極端な天気の変動にも対応できる対応を心掛けたいとのお話でした(^^)

ブロッコリーも負けずにがんばっています!

さて、一般的に店頭に並んでいるブロッコリーのサイズは、およそ12センチくらい♪
もちろん、これより大きいもの、小さいものでもおいしいですから、あくまでもサイズの目安としてくださいね(*^^*)
おいしいブロッコリーの見分け方は、実がギュッとつまったものがいいそうです☆

ぎゅぎゅぎゅ!!!

森口さんは、シンプルに塩ゆでで食べるのが好きとのこと♪シンプルが一番おいしいですよね(^^♪これからの季節は、シチューもいいなぁなんて、スタジオトークでも盛り上がりました☆

今後の目標は、規模を拡大して、新しいものにもチャレンジしていきたいとのこと。愛南町の若手のホープ♪ぜひ、町のみなさんをけん引してくださいね(^^)/

冬の食卓を、鮮やかなグリーンで彩ってくれる栄養豊富なブロッコリー。必殺!発砲氷詰めで鮮度が保たれた、JAえひめ南のブロッコリー、ぜひ見つけてくださいね♪

2017年11月3日金曜日

必殺!発砲氷詰めされたブロッコリー♪

旬感!えひめチュレ 11/3(金)放送

みなさん、こんばんは♪
あっという間に、11月突入~!今日は、サンドイッチの日や調味料の日ということで、番組冒頭でも食べ物トークで盛り上がりましたよ(^^)(※ぜひ、radikoでもお聴きくださいね♪)

さて今日は、これからよりおいしくなるブロッコリーの話題をお届けします(^^)/

とってもお天気がよかった~!☆

お話を伺ったのは、JAえひめ南 南宇和野菜部会 森口秀樹さんです♪
森口さんが、ブロッコリーの生産を始めたのは約4年前。ご両親もブロッコリー、ナス、お米を生産していたこともブロッコリー生産のきっかけになったそうです。このあたりでは、若手のホープとのこと☆

今は、2ヘクタールの土地で、年間8万個程度!!のブロッコリー出荷を目標に生産をされています(^^♪

ちなみにブロッコリーは、「春ブロ(ブロッコリー)」「秋ブロ(ブロッコリー)」と言って、大きく分けて2度苗を植えるそうです。

春ブロは1月~3月に、秋ブロは8月~11月に、ひと月ずつずらして苗を植え、ほぼ1年を通して収穫できるようにしています。
春ブロと秋ブロの違いは、食感の変化が少しあるとのこと。春ブロの方が、暖かい時期にできるので、少し柔らかいんですって。

愛媛県の中でも温暖な気候の愛南町ですので、みなさんの食卓にブロッコリーが届くまでの鮮度を保つため、ある工夫をしています。

その名も「発砲氷詰め!!!!!!!!!!」
必殺技です(笑)!

結構大きめの氷がいっぱい!

発泡スチロールはこんな感じ♪

この必殺技(出荷方法)は、発砲スチロールの中にブロッコリーを詰め、その上にスコップ1杯分くらいの氷を入れるというもの。
これをすると、たとえ氷が溶けても発泡スチロールのおかげで冷たい水のままで、より収穫したばかりのブロッコリーに近い状態を保てるそうなんです(*^^*)

さらに!この氷は、近くに漁協があり、そちらの製氷機で作ったものを分けてもらっているそう!愛南町はお魚もおいしいですからね~!地元のみなさんの連携もあって、よりよい状態のブロッコリーを出荷できているんですね。
この土地ならではの特色ですよね(^^♪

立派なブロッコリー!

ただ、この秋は、大量の雨、さらには大きな台風が2度も来たことにより、取材日当日もまだまだ風が強かったんです。お天気は、ご覧の通りすごくよかったのですが…。

来週は、生産にあたってのこだわり、おいしい食べ方などをご紹介しますね~!
お楽しみに(^^)/


2017年10月27日金曜日

瀬戸内海響市場エフ・マルシェの、新鮮なお肉♪

旬感!えひめチュレ 10/27(金)放送

みなさん、こんばんは♪

さぁ、今日も瀬戸内海響市場エフ・マルシェの話題です~!
今週は、みんな大好きお肉の話題ですよ~(^^)/

安平畜産の安平さんにお話を伺っています♪

瀬戸内海響市場は、新鮮なお魚はもちろん、対面販売で色々なお肉が購入できるのも魅力なんです(^^♪

本当に豊富なお肉がたくさん揃っているのですが、安平さんのオススメはコチラ☆

いも豚~~~!

いも豚です(*^^*)
このいも豚、その名の通り、さつまいもを食べているそうで、身は白く、そして甘みのある豚肉なんです(^^♪さつまいもを食べたら、身が甘くなるなんて不思議ですね~!
ちなみに、ロースはしゃぶしゃぶなどに、バラはお野菜と合わせてちゃんこ鍋なんかがオススメですよ(^^)/

豊富なお肉が揃っている~!

お鍋の話が出たので、人気のお鍋の種類をご紹介します!
ちゃんこ鍋!キムチ鍋!!もつ鍋!!!
これらが最近の不動の人気鍋とのことです(^^♪どれも、お肉とお野菜がおいしくいただけるお鍋ですねぇ☆
さらに、最近は、カレー鍋やトマト鍋などの変わり鍋も毎年登場していますよね(^^)

取材日(水曜日)は、対面販売が2割引き♪

さらに、対面販売ならではのエピソードも(^^♪
お料理上手な方も多く来られるそうで、お客様からレシピを教わることもあるんだそう☆

つくね~☆

こちらの若鳥のつくね、私の感覚だと、普通に鶏団子としてお鍋にポン!のイメージしかなかったのですが、餃子の皮に包んだり、お豆腐と混ぜて豆腐ハンバーグにしたりする方もいるんですって(*^^*)なるほど~♪

さらにさらに!90歳のおばあちゃまが病院の先生からアドバイスを受け、鶏むね肉とレバーを購入!その組み合わせで、筋肉が増えた!!!と喜ばれていたそう!
自分の健康管理のために、こんな風にお肉を選ぶ方もいらっしゃるんだ~!とびっくり(*^^*)
けど、それも、対面販売ならではのやりとり、コミュニケーションですよね☆

毎週水曜日は、対面販売商品が2割引きと大変お得ですので、まだ対面販売を経験したことがない方も、この機会にぜひ!スタートしてみてくださいね(^^♪

2017年10月20日金曜日

瀬戸内海響市場エフ・マルシェの、新鮮なお魚♪

旬感!えひめチュレ 10/20(金)放送

みなさん、こんばんは♪

雨の1週間ですね~!台風も近づいてきています。秋晴れが恋しい日々が続きます。。。
みなさん、体調を崩されませんようお気を付けくださいね(*_*)

さて、今週のエフ・マルシェ情報は、瀬戸内海響市場からお届けです(^^)
お話は、奥村さんに伺っていますよ☆

実は、梅ちゃんも見に来てくれていました☆

瀬戸内海響市場といえば、やっぱりお魚♪
取材日もたくさんの旬なお魚がずらららーーーー!!

ハマチ・アジ・タイ・サワラなどなど…

この時期に獲れる鯛は、モミジ鯛というそうです(^^♪秋だから、そう呼ぶんですって♪
春のイメージが強いサワラも、身がおいしいのは秋とのこと!この日も、とっても立派なものがありましたよ☆

その他にも、ハギや、アオリイカなども…

タモリ(モミダネ)と呼ばれる、珍しいお魚もいました(*^^*)
釣り好き中岡さんもスタジオで、自分ではなかなか釣ることのできない魚とここでは出会える!と言っていましたが、本当、その通りですね♪
ちなみに、タモリ(モミダネ)は煮魚に向いています☆アオリイカは、お刺身でぜひ♪

お刺身もずらーーーー!

お刺身と言えば、これらの新鮮なお魚を使ったお刺身コーナーも充実(^^♪

おいしそう…!!!

さらに、お寿司も新鮮なお魚を使っているのにとってもリーズナブル!ほぼ、ワンコインで満足ランチいただけちゃいます♪こちらも人気商品だそうですよ☆

あっという間に魚をさばく職人さん!!

この日のいけすには、カニや伊勢海老がいました♪特に週末は、たくさんのお魚を揃えていただけるそうなので、楽しみですね~!!

そして、こちらで魚を購入された方には、嬉しいサービス♪三枚おろしまでは、職人さんが無料でさばいてくれます(^^)/しかも、あっという間に!

さらに!毎週土曜日は、マグロのカマをかけてのジャンケン大会も開催!!!塩で味付け、炙るだけで、かなりのごちそうになります~~~!こちらも見逃せませんね(^^♪

おいしいお魚が食べたい!そんなときはぜひ、瀬戸内海響エフ・マルシェにお越しくださいね☆旬のお魚との出会いがありますよ~(*^^*)

2017年10月13日金曜日

食卓の主役にもなる!菌床しいたけ♪

旬感!えひめチュレ 10/13(金)

みなさん、こんばんは♪
今週も、先週に引き続き、菌床しいたけの話題です(^^♪

お部屋の中は、13℃~20℃くらいの快適な温度に保たれています。

先週のブログで、菌床しいたけの栽培には、刺激が大切…とお伝えしたのですが、まずはこの温度管理も大事なんです。温度を下げることも刺激になるそうですよ!

そして、もうひとつが…コチラ!

正さんお手製の道具♪

打撲刺激(!!)といって、こうしてブロックをペシペシと叩くことで、菌に刺激を与えても、しいたけが生えてくるとか!!ウソのようなホントの話(笑)!
美子さんいわく、このしいたけの機嫌をとって、なだめすかすのが上手なのは正さんなんだとか(*^^*)
しいたけって、なんだか、人間味のある食べ物なんだなぁと感じましたよ(^^♪

でも、今回その菌床しいたけのおいしい食べ方をたくさんご紹介してくれたのは、美子さん♪

見てください~!取材に合わせて、朝からご準備してくださったんですよ(^^)/

左:小田のひしお味噌 右:マヨネーズ

しいたけのピクルス

しいたけのニンニク醤油漬け

正さんにお話を伺ったところ、美子さんはお料理がお好きだそうで、さらにふるまい好きでもあるそう(*^^*)
私もいただいたのですが、本当にどれもとってもおいしくって!!
しいたけって、こんな食べ方もあるんだなぁと発見の連続でした♪

特に私のお気に入りは、小田のひしおをカサに詰めてオーブンで焼いたもの(*^^*)
味噌の味は濃いめなんですが、しいたけとの相性抜群で、さらにプリプリした食感がたまらないーーー!!もちろん、それ以外のお料理も、ご飯にもお酒にも合うお味でおいしかったです♪

あと、この菌床しいたけは、軸もほどよい歯ごたえでおいしくいただけるのも特徴!ぜひ捨てずに、刻んで使ってみてくださいね♪きんぴらなんかもいいそうです◎

これからの季節、お鍋や煮物はもちろんですが、色々な工夫で食卓の主役にもなる菌床しいたけ(*^^*)
ぜひ、色々な食べ方で召し上がってみてください♪

さて、私が前任の白形優子さんからのバトンを受け、この「旬感!えひめチュレ」を担当させていただくようになって、早1年です(*^^*)
これからも、中岡りょういちさんと一緒に、地元の食材を通して、旬をみなさんの食卓にお届けできるようがんばりますので、引き続きよろしくお願いいたします♪

2017年10月6日金曜日

ぷりっぷりの歯ごたえ、菌床しいたけ♪

旬感!えひめチュレ 10/6(金)放送

みなさん、こんばんは♪

えひめ国体開催中!ということで、連日、愛媛県選手団の活躍が観られて、ワクワクしますよね(^^)今週末はお天気もよいとのことですので、ぜひお近くの会場に応援に行って、愛媛県選手団のみなさんに声援を送ってくださいね~!

さて、すっかり長袖に衣替えをしたますはらですが、食材もどんどん秋真っ盛り
今日ご紹介するのは、お鍋や煮物に欠かせない内子町小田地区の菌床しいたけです(*^^*)

なかよしご夫婦(*^^*)

お話を伺ったのは、菌床しいたけ生産者の西岡正さん、美子さんご夫婦と、JAえひめ中央販売担当 水口禎之さんです(^^)/

かつてこの地域では、原木しいたけの生産が主流だったそうですが、徳島から菌床しいたけのブロックを買ったことが、この地区で菌床しいたけを栽培するきっかけになったそう(*^^*)
それぞれ良さはありますが、菌床しいたけは生産のしやすさ、しいたけ独特のにおいがあまりないので小さなお子様でも食べやすい、歯ごたえがいいなどの特徴があります♪
小田地区で、愛媛県内の7割の生産量を誇っているそうですから、愛媛のしいたけ名産地ですよね☆

ずらーーーーーーーーーー!!

西岡さんご夫婦が菌床しいたけ栽培を始めたのは、2000年頃。
今は、5つの大きなお部屋でしいたけを栽培されているそうですが、このブロックが約7万3千!!
年間を通して出荷するしいたけの量は、一般的な大きさ(100g)で45万パック!!!!!
す、すごいです…!きっと、みなさんの食卓にも並んでいるんでしょうね~(^^♪

菌床しいたけは、年間を通して温度管理されたこのお部屋で栽培されるので、季節的な出荷のピークというという時期はないっちゃない、でも、逆を言えば1年中忙しい…!ということだそうです。

こ、これは!?

しいたけを栽培するにあたって大事なことは、このブロックに刺激を上手に与えること。
この刺激のお話や、おいしい食べ方は、次週お伝えしますね~!
お楽しみに♪

2017年9月29日金曜日

豊富な種類がそろってます、こんにゃく♪

旬感!えひめチュレ 9/29(金)放送

みなさん、こんばんは☆

今日も、エフ・マルシェ古川店の梅本さんにお話を伺っています☆
今回は、こんにゃくをご紹介いただきましたよ(^^)/

たくさんの種類があってびっくりしています!

エフ・マルシェ古川店を入って左奥のスペースに、こんにゃくコーナーがあるのですが…とにかく、種類の豊富さに驚くばかり!!

ほんの一部ですがご紹介しますね(^^♪

ずらららーーーっ!

通常の板こんにゃくの半分サイズ♪使い切りタイプ♪

糸こんにゃくをさらに5センチの長さに切ったもの☆

焼肉用!?初めて見ました(*^^*)

料理に合わせて色々な形のこんにゃくを使い分け☆

こんにゃくがあればすぐ1品おかずが完成♪

刺身こんにゃくもありますよ☆

また、愛媛県で育ったこんにゃく芋で作ったこんにゃくも置いてありますよ(^^)
売り場周辺には、煮物やおでんに一緒に使えるカット野菜などもありますので、メニューを考えるのも楽しいですね♪

そして、今回の梅ちゃんワンポイントは、こんにゃくの保存方法について☆
一度で使い切れなかったこんにゃくは、ラップに包んで冷蔵庫で保管をしてくださいね♪
なるべく一度で使い切りたい方は、先にご紹介した、通常の板こんにゃくの半分サイズを買うのもオススメです(*^^*)

季節を問わずおいしいこんにゃくですが、これから少しずつ寒くなっていくので、あったかいお料理のお供に☆そして、すでにカットされているタイプのものも活用して、気軽にこんにゃくを楽しみましょうね♪

2017年9月22日金曜日

しっとり派?ホクホク派?サツマイモ♪

旬感!えひめチュレ 9/22(金)放送

みなさん、こんばんは☆

もうすっかり、秋の空気ですね(^^♪日が暮れる時間も、ずいぶんとはやくなった気がします。

今日も元気な梅本さんと♪

今日は、秋になったら絶対外せないもののひとつ、サツマイモの話題です(^^♪梅本さんにお話を伺いましたよ☆
エフ・マルシェにもたくさんのサツマイモが並び始めているんです(^^)

これからの季節は、紅あずま、紅はるか、シルクスイート、安納芋などの種類が充実してくるそうですよ♪

瀬戸の金太郎芋☆

紅はるか☆

金時♪(愛の葉ガールズが作っているお芋だ!)

最近は、しっとり系のサツマイモもたくさん増えてきましたよね(*^^*)水分を多く含んでいてあまーーーくて、小さいお子さんでも食べやすいので人気があります♪
特に安納芋は、焼き芋にしてもしっとりねっとり(*^^*)アイスクリームとの相性もいいので、私も大好きです♪

ただ、鳴門金時などのホクホク系のお芋も、根強い人気(^^♪特にオススメの食べ方が、「いも天」!!高知の朝市ではおなじみのいも天、お好きな方も多いのでは?
少し甘めの衣をつけて揚げるのですが、外はサクッ、中はホクホクでとってもおいしい~!!たべたーーーーーい!!!
いも天は、お店で買って食べるものだと思っていたのですが…なんと!こちらエフ・マルシェには「いも天粉」も売ってますので、いつでもおうちで高知の朝市のいも天を再現できるんです☆最高です(^^)

大学芋の素も売ってました♪

さぁ、エフ・マルシェでは、今年も焼き芋コーナーが設置されますよ(^^)/
お店いーーーーっぱいに広がるあの香りの誘惑には、勝てませんよね(笑)♪そちらも要チェックです(^^♪

今回の梅ちゃんワンポイントは、皮についてのお話☆
皮にも栄養がたくさん含まれていますので、捨てずに、揚げておやつやおつまみにして召し上がってくださいね☆

今年はぜひ、色々な種類のサツマイモを食べ比べてみてください☆
きっとあなた好みのサツマイモ、見つかりますよ~(^^♪

2017年9月15日金曜日

秋もおいしい、ミニトマト♪

旬感!えひめチュレ 9/15(金)放送

みなさん、こんばんは♪
週末は台風の予報ですねぇ…!せっかくの三連休、旅行などの計画を立てている方、くれぐれもお気を付けくださいね(>_<)

さぁ、旬の食材を追いかけているこの番組。今日ご紹介するのは、秋のミニトマトです(^^♪夏野菜のイメージが強いミニトマトですが、秋からももちろんおいしいんですよ☆

ミニトマトのハウスでパチリ☆

お話を伺ったのは、おちいまばり農協ミニトマト部会 本宮喜美男部会長、そして、おちいまばり農協 営農指導課 西部純一さんです(^^)/

おちいまばりでミニトマトの生産が始まったのは、今から約30年ほど前から(^^♪
富田地区で大玉トマトを作っていた方々が、新たな品目への挑戦として選んだのがミニトマトだったそうです☆
現在、おちいまばり農協ミニトマト部会での生産量は96トン!おちいまばり管内で栽培されている野菜の中では、2番目に多く作られているそうですよ(^^)

赤いトマト、たくさんできてますね♪

本宮さんは、農業歴約50年のベテランさん!
かつては、大玉トマトを作るためにハウスを建てたそうですが、その後ナスを長く作っており、ミニトマトの生産者さんとなってからは約10年ほど経つそうです♪

気になる今年の出来は、夏がとっても暑かったので、少し実は小さめとのことですが、最近涼しくなってきたこともあって、ミニトマトも元気になってきたそう♪良かったです~!
ちなみに、ミニトマトって、すごくたくさん種類があるのですが、約100種類もあるとか…!!!日々品種改良されているので、まだまだ増えるでしょうね~(*^^*)
その中でも、本宮さんが作っているのは「花鳥風月」という品種なんですって☆素敵な名前です♪ミニトマトにもいろいろと生産する上でのクセがあるそうですが、本宮さんの農業スタイルとマッチしていたそうです(^^♪

取材日は、ちょうど収穫した次の日♪

これから収穫のピークを迎え、5月頃まで収穫は続くそうですが(長っ!!!)、5月~8月の間は大事な土作りの期間。
ハウスを締め切って、太陽の熱で土を熱消毒するんだそう!そうすることで、連作をしても品質を保てるんですって(^^)

おいしいミニトマトの食べ方として、西部さんがオススメしてくれたのは、ミニトマトをスープ状にした冷製パスタや、ミニトマトを凍らせる食べ方!!!涼しくなったといえ、まだ日中は暑い日もありますからいいですよね(^^♪

また、おいしいミニトマトの選び方として、赤いものはもちろんですが、黒っぽいくらい深い赤になったものが完熟ミニトマトとしてオススメだそうですよ☆

「食べる日焼け止め」としても美容効果も期待できるミニトマト☆秋からもおいしく食べて元気に過ごしましょうね(^^)/

2017年9月8日金曜日

色々なお料理に使える、伊予美人♪

旬感!えひめチュレ 9/8(金)放送

さて、私が伊予美人を初めて食べたのは、今から10年ほど前のことです。
それまでは、なんとなく、里芋ってアタリとハズレがある、ハズレは煮物でもなぜかシャリシャリしてる…そんなイメージでした(*_*)柔らかいのは、もちろん大好きなんですけどね♪

ところが、この伊予美人を初めて食べたときは、結構大きさもあるのに、しっとり、もっちり、舌触りなめらか~(*^^*)「おかわりください~♪」と思わず言ったくらい、感動したものです☆

引き続き、宝利さんにお話を伺います♪

このおいしさを保つ秘訣は色々とあるのですが、まず、連作をしない!これは大きな特徴と言えますよね(^^)

取材をした畑に向かう途中、山の芋の畑、お米の田んぼを通ってきたのですが、ここも、本来は伊予美人を作るためのエリアなんですって。

手前のもこもこした葉っぱは、山の芋♪

そして、こちらは稲♪

先日私が取材した畑は、来年、山の芋の畑もしくはお米の田んぼになり、今、山の芋か稲を作っているこれらの場所は、どちらかが伊予美人の畑になるそう。
里芋は、土の中にできるので、土の養分もたくさん吸収するんですね(^^)連作をせず、別の作物を作ることで、土の養分も変化し、次に伊予美人を作る際に、良い状態が保てるそうですよ(^^♪おもしろいですね☆



また、「伊予美人」というブランドをキープするためにもみなさんとても努力されています。品質の向上・均一化のため、良質な里芋を作る生産者さんからの種芋をみんなで共有しているそう!
伊予美人として、市場に出回っているものは、選ばれし者!ピラミッドの頂点なんですね~!なので、伊予美人として販売されているものは、大きいもの、小さいもの関係なく、どれもおいしいと自信をもって言えるとのお話でした(^^)

さぁ、そんな伊予美人のオススメの食べ方は、もちろんいもたき!なのですが、それ以外にも、シチューコロッケなど、色々なお料理に使ってもおいしいそうです♪これならお子さんでも、食べやすいですね(*^^*)

また、宝利さん自身、大きなお鍋を持参して、県外での試食会を積極的に行っています♪もちろん、まずは県内の方においしさを知ってもらいたいとのことですので、「伊予美人」の文字を見かけたら、ぜひ1口、そして1個からでも購入して召し上がってみてくださいね(^^)

きっと、里芋のイメージが変わりますよ☆